田原 形子 作陶展 「カタチのきもち」



2022年 6月2日(木)~8(水)

GALLERY NAO

平日 12:00→19:00 土日 12:00→18:00


会期中 作家在廊予定 

※ 来場時間など詳細はお問い合わせ下さい。


℡ 03-6447-2407





田原形子 作陶展-カタチのきもち-



「カタチのきもち」は、私の名前「形子」とかけています。人は、いろんな「きもち」を持っています。喜びや前向きな未来への「きもち」は憧れであり、いつも日の当たる場所にいます。そうではない、ちょっとだけ薄暗く懐かしい、昔いたかもしれない場所にも心引かれます。忘れているけど決してなくなってはいない「きもち」もたまには思い出したい、そんな私の「カタチ」です。

大好きな言葉があります。「果てしなき流れの果てに」という小松左京氏の小説のタイトルです。作品タイトルにもつけさせていただいております。「人はどこから来てどこへ行くのか」という疑問はだれもが持っているのではないでしょうか。それは、小さなトゲのようにいつも刺さっています。それは何となくの「気持ち悪さ」につながります。日常では見る必要がないもの、ここを超えたら「ヤバイ」という境界線をちょっとだけ見たいのです。懐かしささえ感じるということは、もしかして、遠い昔に見ていたのかもしれません。

現実の時間は過去から未来という一方向にしか流れませんが、人の心は過去にも未来にも向かいます。過去のさまざまな思いが未来を形成します。そんな混沌とした流れる時、空間を「カタチ」にしていきたいのです。









田原形子 KEIKO TAHARA


2003年 日本工芸会正会員保立剛氏に師事

2007年 めし碗グランプリ展 スポンサー賞(同09年入選)

2009年 女流陶芸展 入選(同~10.11.12京都市長賞.12朝日新聞社賞)

2011年 陶芸財団展 審査委員長賞(同~19東京都知事賞)

2012年 東京都日野市に築窯「陶房 蔵良(くらら)」

2013年 現在形の陶芸 萩大賞展Ⅲ入選(同~.16.19審査員特別賞)

2014年 女流陶芸会員となる 以来14.15.16.17.18.19.20.21女流陶芸展出展

2016年 そば猪口アート公募展入選(同~17.18.19)

2017年 第24回日本陶芸展 自由造形部門 入選(同~19)

2019年 第6回陶美展入選(同~20茨城交通賞.21札幌インテリアアクア賞)

    茨城県陶芸美術館「いきもの狂騒曲―陶芸フィギュアの現在―」出展

2020年 茨城県陶芸美術館コレクション新収蔵品展出展

2021年 茨城県陶芸美術館コレクション新収蔵品展出展

    東京大丸にてグループ展『陶×機4』

    第55全陶展 陶遊賞

    第9回菊池ビエンナーレ入選

2022年 第9回陶美展入選

    個展「カタチのきもち」(阪急うめだ本店/GALLERY NAO)



作品収蔵 茨城県陶芸美術館(2020)(2021)


現在 女流陶芸会員・日本陶芸美術協会会員